10≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12
| Home |

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告】 | top↑
フルバケ修繕
さてさて、日を跨いでしまったけれど、今日(厳密には昨日)にフルバケの修繕作業を…
と、思い立ったのは前日だったのだが、ご存知の通りこちら東北地方も気温がどんどんうなぎ上り。

ぶっちゃけ折角の休みなのに何でこんなに暑いんだ!!
…とキレ気味だったわけだが…昼間の外気温も部屋の温度も33℃をオーバーしていたため、楽しみ(?)にしていた修繕作業も、俄然やる気が…そう、やる気が…


…でねぇよ!!

と言う事で、日中は涼しいところに退避し、日が沈んでからの作業と相成った!!
※そして最初に言っておくけど…俺はその筋の職人でもなければ何でもないただの素人なので、真似しようとか思ったら自己責任でやってね!!

↓↓↓↓ 作業風景はココから!! ↓↓↓↓

と、いうことで夕食後に作業開始。
…と、その前に使った道具のUPなど…。

↓↓↓↓ 2液性FRP樹脂① ↓↓↓↓
110622_200217.jpg
↑↑↑↑ 主剤がコレ ↑↑↑↑

↓↓↓↓ 2液性FRP樹脂② ↓↓↓↓
110622_200030.jpg
↑↑↑↑ コレは硬化剤 ↑↑↑↑
①液と②液を規定の比率で混ぜ混ぜすることで、化学反応が起こり硬化すると言う代物。
ぶっちゃけお値段は…結構するよ!!
※入手経路云々は大人の事情でナイショと言う事で…!!

↓↓↓↓ グラスマット ↓↓↓↓
110622_200243.jpg
↑↑↑↑ 厚みは#20 ↑↑↑↑
ガラス繊維を集めてマット状にしたもので、#○○と言うのはグラスマットの厚みをあらわしたもの。
#20はそこそこ薄いんじゃないかな?(…たぶん)
※コレも入手経路云々は…(ry

次に手順の説明を簡単に。
手法とかそういう名前があるかどうか不明だが、サンドイッチ製法での修正を試みてみる予定。
まぁ、修繕面の表と裏から挟み込んで、硬化後に削って形を整える…という感じかな。

①アセトン(取り扱い注意)による修正面の脱脂(喰い付を良くするため)
②シリコンスプレー等による冶具剥離準備
③修正面の大きさに合わせたグラスマットのカット(手で切れる)
④修正面の範囲に2液性樹脂を塗布
⑤カットしたマットを塗布した場所に重ねる
⑥樹脂をつけたハケを使い叩くようにマットに樹脂付け
⑦冶具のセット&固定
⑧⑤で貼ったマットと修正面を挟むようにマットを重ねる

…と、まぁ書いてる俺も説明経ただし、きっとわかりにくいと思う。
頭で考えるのではない、五感で感じて形作れ…それがげーじつ家也!!
…と、面倒なんで適当にそれっぽく聞こえる言葉を入れてみた(マテ

ちなみに①~②の工程は下準備のようなものだから、画像そのものは省略。
修繕(製作の場合も)は③工程から始める感じだね。
↓↓↓↓ ③~④工程 ↓↓↓↓
110622_200333.jpg
修繕面より大きめにむしり取ったグラスマットを、裏側から合わせる。
※この画像の時点では、修繕面付近に樹脂の塗布は行っていない
↓↓↓↓ いきなり⑦工程 ↓↓↓↓
110622_200406.jpg
前に紙粘土で作った簡易冶具を裏側から押し当て、その後C型クランプで固定する。
このとき、修繕面にシリコン等の油脂(?)が付かないように注意する。
また、樹脂が付いたグラスマットはかなり刺さりやすくなるため、最低限ラテックス製などの手袋を着用し、取り扱いにも注意しよう!!

↓↓↓↓ これが⑧工程 ↓↓↓↓
110622_200701.jpg
C型クランプで冶具を固定して樹脂を叩き塗りしているところ。
ハケ等でトントンと叩くように樹脂を塗る事で、繊維と繊維の間に入る気泡を抜く事が出来る。
では何故気泡を抜くか?
それは直接強度に関係しちゃうから、脱泡(気泡抜き)作業はかなり重要!!

そして、このまま樹脂が硬化するまで放置するわけだが…
前置きでも触れたように、日中の暑さのあまり作業を開始したのが夕食後と言う事もあり、本日の作業は硬化後の冶具撤去までとした。

少々多めに硬化剤を入れる事で、硬化時間を短縮できる…が!!
入れ過ぎてしまうと一気に化学反応が始まり、煙を上げながら超高温状態になる。
専門学校ん時に、当時FRP政策を担当していた先生が…
「硬化剤入れ過ぎるとどうなるか見せてやる!」
…と、かなりの量の硬化剤を入れた。
入れた瞬間はそうでもないのだが、ハケ等で混ぜ続けると…何か嫌な音(パキッパキッって感じの音)がし始めたと思ったら、もうもうと煙が上がり始めた。
その時に使っていたPカップは、その熱で見事に変形し嫌な音も化学反応が終わるまで続いた。

…と、まぁ素手で触ると火傷じゃ済まない程度の温度になるらしいから、取り扱いに注意!!
…と、言う事だった。

話が逸れたが、今回使った樹脂は硬化時間も早いタイプだったために、約90分程で完全硬化が確認できた。
完全硬化した後は、余った部分(はみ出した部分)をカッターなどで切り、冶具を外す。
※今回冶具のワックス処理が不充分だったため、取り外しには少々苦戦した。
コレも大事な作業だからね、次からはしっかりやりたいものだ。

また、今回使用したFRPは、ちょっとばかし特殊なものらしく、普通なら完全に成形する枚数を重ねた後で硬化を待つのだが、コレは後で盛り直しが可能だと言う。
今日土台を作れば、後日適度な枚数を重ねて強度を出せる…という感じかな?

今の状態を言えば、裏と表から1枚ずつ重ねた【2プライ】状態。
このあとさらに2枚ほど重ねる予定だから、総合的に見て4プライ程度の厚みになると思う。

一応最後にも書いておくけど、俺はその筋の職人でも何でもないただの素人なので、この手法が正しいとかなんとか、そういうのは一切関係ないし、真似しようとしても責任は持てないからね!!


今の段階での作業は無事に終了…かな?

でもって、今後の予定としては…
◎メインシェルの一部補強
◎メインシェルの塗装
◎シートカバー修繕+補強
…といったところかな?

相変わらず長々と何を書いているのか、俺自身でさえイマイチわからんけど気にするな!!


と、いうことで…最後まで閲覧感謝!!

スポンサーサイト
クルマの話TB(0) | CM(2) | top↑
<<フルバケ修繕作業 | ホーム | フルバケ>>
comments
せーりゅうさんは本当に車関係がお好きなのですねぇ♪

ウチの兄もFRPって言うので、ボンネットやら色々作っていましたよ ヾ(´▽`;)ゝ あははh
車検で怒られたから今は家の横に‥邪魔なんだけどなぁw
前回の記事を見せた所、妙に親近感を持ったらしいですからb

今日も横浜地方は真夏日ですが、ソチラも33度!熱中症にご注意下さいませb

【2011/06/23 14:59】URL | upipi #-[ EDIT]
※ありす!!
車に関しては小さい頃から好きで、ホント色々やってました。
実生活では車が好きで色々と損している部分も多々あるものの、やっぱり辞められないのが現実…。
人間関係の構築よりも車との対話を重視するとかね!!(ォィォィ

かつては競技にも参加したり、深く関われば関わるほど、もっと深く知りたくなる…という悪循環(?)
好きな気持ちと同じくらいに、運転技術・加工技術もあれば良いんだけど…実は全然ダメだったりするんですよ!!(ぁ


数日前から東北地方も梅雨入りし、暑さだけでなく湿度でも苦しめられていますが、お互いに熱中症には注意しましょう!!
【2011/06/24 01:48】URL | せーりゅう #-[ EDIT]
please comment














Only Admin
| Home |
プロフィール

せーりゅう

Author:せーりゅう
皆と一緒は良いけれど、皆と同じは嫌。
長いものには巻かれたくない。
人生、ナナメ上の存在感を求め続ける、ゲームが好きな車バカ。
…まぁ、変なヤツと言う認識でOKっす。


※マビノギ関連リンクフリーなので連絡戴ければこちらも貼らせて戴きます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。